MENU

 体の芯まで車内フェラの虜になってしまっていた私、だから毎日迎えに来てくれる彼のオチンチンをおしゃぶりしまくっていました。
フェラ好きだから何回おしゃぶりしても本当に飽きることがありません。
彼の暖かくてドロドロした精液が口の中で出されていく瞬間、私もクリを激しくいじり絶頂を楽しむのが最高のご馳走になっていました。
彼も私とのこのような関係をかなり気に入ってくれていた様子で、しょっちゅうフェラのおねだりをしてくるものでした。
フェラの最中にオナニーをしている私の姿を見るのも好きだったみたいで、たまに写メを撮影したりはしていました。
人気のない駐車場を利用したり、地下駐車場を利用したり、茂みに隠れているような駐車場を利用して、いろいろな場所で彼との車内での関係を満喫していたのです。
これを繰り返していましたから、それは本当に私の生活の一部となってしまっていました。
とても激しい快楽がそこにはありますから、毎日立って楽しみたい気持ちはありました。
彼も若いからとっても元気で、毎日のように射精しても元気いっぱいに翌日にはまた発射してくれたのでした。
しかし、そんな良い関係を作っていた彼氏とも別れる時がやってきてしまったのです。
彼の車の中で楽しんだプレイをすることができなくなってしまって、とても寂しい生活を送るようになってしまったのです。
あの頃やっていた事を思い出しては、自分でクリをいじる日々が続くようになっていきました。
あの時の事を思い出すだけでも膣からはたくさんのエッチな汁が溢れ出してしまいます。
コチコチの肉棒を口に入れながらまた絶頂を楽しみたい、精液を発射して欲しいという気持ちが日々強まる一方だったのです。
あの時のように楽しみたい、そんな気持ちが頭から離れません。

 

人気サイト登録無料
定番サイトランキング
フェラ友を探しているなら迷わずココ!